少年鑑別所と少年院はここが違う

少年法でいう「少年」は、14歳以上20未満の男女を示します。少年法は、少年の健全な育成と非行を行った少年に対して性格の矯正、環境の調整に関する保護処分を行うことを目的としています。そのため、成人のように起こした犯罪だけを対象にして裁判を行う手続きに乗せて刑罰を科すというものではありません。少年に対しては、非行行為だけではなく、生育史や性格、行動傾向や家庭状況などを調査し、少年の自覚や成長を促す処遇を行います。

少年鑑別所(鑑別所)とは、家庭裁判所において少年審判を実施する際に、対象となる少年の非行行為を行った動機や今後どうすれば更生できるかなどを、社会学、心理学、教育学、医学などの専門知識を用いて調査する場所です。この際、外部にある家庭裁判所に所属する家裁調査官は、対象となる少年の家族やその他少年を取り巻く人々の調査を面接や心理テストを用いて行います。この家裁調査官による調査結果と鑑別所での鑑別結果により、少年の今後の処遇が決定されます。

これに対して少年院とは、上記の少年審判によって送致が決定した少年が送致される機関です。刑罰を科す機関ではなく、あくまで矯正教育を行う機関であるという特徴があります。鑑別所は矯正教育が必要かどうかを判断する施設であるため、ここに違いがあるのです。

Comments are closed.